平成から令和へ 勇気をもってチェンジ!

                                                   校 長 光安 惠介

 日一日と春の躍動を感じる中で、平成31年度の入学式、始業式を迎えました。

入学式では新入生120名を迎え、全校生徒名の学級数は1年生3学級、2年生4学級、3年生3学級、
あおば学級2学級で南千里中学校の新学期がスタートしました。保護者の皆様には、お子さまのご入学、
ご進級おめでとうございます。

 本年は元号が平成から令和に代わります、日本の社会情勢が良い方向に向かい穏やかな1年であって欲しいと願います。
時に人は人生の節目を迎えたとき、 自分を「変えたい」、「変えなければならない」そんな気持ちになります。
そういう意味では4月は自分を変える絶好のタイミングだと思います。

 良い本に出会ったり、いろいろな人の話を聞いたり、いろいろな人と出会い「なるほど」「すごいなあ」「いい話だな」
と感じることがあります。特に新学期は新しい出会いがたくさんあります。そこで大切な事は、そのことを自分に取り入れる気持ち、自分がやってみようというチャレンジ精神が必要だと思います。自分には「出来ない」「無理だ」では何も変わりません!

 過去の自分をふまえて自分が良い方向に向けてスタートするために、目標に向かって勇気を持ってチェンジして欲しいと思います  そして、その気持ちや行動を継続することが必要です、まず一週間・・・ 一ヶ月・・・一学期間と継続することが大切です。
 それを支えるのが家族であり、友人であり、先輩や地域の方々であり、学校の先生です。
新しくスタートする生徒の皆さんを全力で応援したいと思います!!
また、中学生として、ククラスや学年、学校が集団の一員として活動していくための生活の基本として、
次の三つを基本とし大切に実践して欲しいと思います!!

  一つ目は、「あいさつ」

    あいさつは人と人とのコミュニケーションの第一歩です。

  二つ目は、「時間を守る」

       時間や期限を守ることは、信用と信頼の基本です。

  三つ目は、「環境を整備する」

環境整備は自分の身の回りから始まって教室・廊下・校舎など学校を綺麗に保つことで意欲がわきます。

と言う内容を入学式、始業式で生徒達に伝えました。ご家庭や地域でも、他者を思いやる心や生活の基本の三つを実践し、
連携してくことで子ども達を育んでいけたらと思います。

 最後に、保護者の皆様にもお世話になった教職員が異動しました。また、新転任者も迎え全教職員で心を合わせて
教育活動に邁進していきます。

  本年度も本校教育活動に、ご協力ご支援をよろしくお願いいたします

今月のことわざ

                  「(以って()(とうと)しとす!」

                        *人と協調、協力が大事という意味