めざす学校像

令和2年度のスタートにあたって

 

                                                                 校長 瀬 尾 紳 二

 

 正門の桜が満開に咲き誇る中、令和2年度がスタートしました。今年は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策として吹田市内全小・中学校の臨時休業が延長されることとなり、例年とは違った年度初めとなりました。

 改めまして、4月1日より第五中学校校長として着任いたしました瀬尾でございます。第五中学校は、平成5年から平成16年までの11年間、保健体育科教諭として勤務しておりましたので、とても愛着のある「大好きな五中」に戻ることができ、大変嬉しく思っています。第五中学校が、子供たちにとって「安心・安全で満足できる学校」となるよう教職員とともに全力を尽くす所存でおりますので、よろしくお願い申し上げます。

   さて、生徒のみなさん、安心な学校とは、「陰口」「悪口」「いやがらせ」などがなく、クラスのみんな、学年のみんな、学校中のみんなが居心地がいいと感じる学校です。生徒のみなさんの中には、クラスに入るのに、ものすごく緊張している友達がいるかもしれません。そんな時にそっと声をかけられる、他人の気持ちを想像できる優しさを持ってほしいと思います。そんな人が、増えていくことが、安心な学校につながると思います。様々な個性を持った仲間が、互いの個性を尊重し、互いに高めあったり助け合える学校を目指しましょう。先生たちも、「いじめは絶対に許さない」という強い気持ちで、みんなが安心して生活できる学校にしていきたいと思います。そして、安全な学校ですが、学校生活の中で廊下・階段を走り回ったり、ガラスの近くで遊んでいてガラスが割れてけがをしたり、防ぐことができる事故を起こしてはいけません。先生たちは、何よりも、みなさん一人ひとりの命を守る必要があります。みなさんもお互いに注意しあい、今年は、不注意な事故も起こらない安全な学校にしましょう。また、満足いく学校とは、「学習」や「クラブ活動」、「体育大会」や「文化祭」などの学校行事でも、「今の自分よりも、もう少し上の自分を目標に挑戦」して、その目標を達成することで、満足のいく結果を味わってほしいと思います。高い目標に挑戦すると、失敗することもあるでしょう。私は、挑戦して失敗することは恥ずかしいことではないと思います。失敗してもまた立ち上がり、必要な努力を積み重ね、もう一度挑戦する気持ちさえなくさなければ、いつかは必ず成功します。第五中学校の先生方は全力で生徒のみなさんを応援し、支え続けます。恐れることなく、自分を信じて挑戦し続けてください。

 本年度の学級数は1年生3学級、2年生4学級、3年生4学級、支援学級4学級の15学級、全校生徒数385名となりました。今年度の本校教育活動に、保護者の皆様、地域の皆様のお力添えをお願いして、新年度のご挨拶と致します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。