令和4年度のスタートにあたって

                               校長 木谷 美香

 正門の桜が満開となり、門をくぐると、園芸部の皆さんが植えてくれたチューリップやパンジーなど、たくさんの花が、温かい日差しを浴びて咲き誇る中、穏やかに令和4年度がスタートしました。無事に入学式を終え、新入生をお迎えできたこと、そして新2・3年生が進級し、少し成長した姿を見せてくれたことを大変嬉しく思っております。

 保護者の皆さま、改めまして、お子様のご入学、ご進級、おめでとうございます。第五中学校校長木谷でございます。今年度も引き続き、第五中学校が、生徒にとって「安心・安全で満足できる学校」となるよう教職員とともに全力を尽くしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、生徒のみなさんにとって、安心な学校とは、「陰口」「悪口」「いやがらせ」などがなく、クラス、学年、学校中のみんなが「居心地がいい」と感じる学校だと思います。気持ちの良いあいさつができること、授業中に安心して意見を言えること、わからないことを遠慮なく質問できること、困っていたら、周りがそっと助けてくれることなど、第五中学校には、みんなが居心地よく過ごせるように協力してくれる人がたくさんいます。でも、新しい学年が始まり、生徒のみなさんの中に、新しいクラスになじむまで、ものすごく緊張している友達がいるかもしれません。そんな時にそっと声をかけられる、他人の気持ちを想像できる優しさを大切にしてほしいと思います。そんな人が、どんどん増えていくことが、安心な学校につながると思います。様々な個性を持った仲間が、互いの個性を尊重し、互いに高め合い、助け合える学校を作っていきましょう。 先生たちも、「いじめは絶対に許さない」という強い気持ちで、みんなが安心して生活できる学校にしていきたいと思います。

 そして、安全な学校ですが、例えば、学校生活の中で廊下・階段を走り回ったり、ガラスの近くで遊んだりしていてガラスが割れてけがするような、防ぐことができる事故を起こしてはいけません。先生たちは、何よりも、みなさん一人ひとりの大切な命を守る必要があります。皆さんをしっかり見守るとともに、危険な行動については厳しく注意をします。みなさんもお互いに注意しあい、不注意な事故が起こらない安全な学校にしましょう。

 また、学校生活の中では、「自分の目標に挑戦」して、その目標を達成することで、満足感・達成感を味わってほしいと思います。高い目標に挑戦すると、失敗することもあるかもしれません。ですが、挑戦して失敗することは恥ずかしいことではありません。失敗してもまた必要な努力を積み重ね、もう一度挑戦する気持ちを持ち続ければ、いつかは必ず成功します。中学校は、失敗からたくさんのことを学べるところです。第五中学校の先生方は全力で生徒のみなさんを応援し、支え続けます。恐れることなく、自分を信じて挑戦し続けてください。

 本年度の本校の学級数は1年生3学級、2年生3学級、3年生3学級、支援学級5学級の14学級、全校生徒数346名となりました。今年度の本校教育活動に、保護者の皆様、地域の皆様のお力添えをお願いして、新年度のご挨拶と致します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。