佐井寺小学校 4年目を迎えました


校長 津田 一司

 本校校長として4年目を迎えました。本校が地域の暖かい眼差しに守られ、大切にしていただいていることを様々な行事を通して実感いたしました。これからも、地域・保護者に愛され続ける学校をめざして日々の教育活動に取り組んで参ります。

 私の学校教育のモットーは、毎号学校だよりに掲載しています「笑三(えみ)のあふれる学校」です。笑三とは、「学ぶ楽しさから生まれる笑顔」「友達と仲良く触れ合うことから生まれる笑顔」「身体を動かす楽しさから生まれる笑顔」です。佐井寺小学校を笑顔のあふれる学校にしていきたいと思っています。

 さて、本校は、昭和58年に吹田市で第36番目の小学校として開校しました。本年度は、37年目を迎えます。吹田市の中央部に位置し、千里丘陵の起伏に富んだ地形となっています。学校の隣には、ねむの木公園があり、自然豊かな環境の中に立地しています。また校区には、子どもたちが遊べる公園も数箇所あり、下校後も元気に地域で遊ぶ子ども達の姿が見られます。歴史的な街並みや佐井寺伊射奈岐神社・佐井寺・吹田の三名水の一つである「佐井の清水」の碑・くりぬき水路など歴史的資源も多く残されている中に、新しい住居が多く建設され、新しい街と古くからの町並みが共存する地域です。

 このような自然と地域に恵まれた本校は、地域の方々から愛され、行事やクラブ活動・放課後や土曜日の居場所等にもたくさんの地域や保護者の方々からの支援をいただき、多様な学ぶ場・多様な世代の方々と触れ合う場をいただいています。

本校の教育目標は、
「心豊かな人間性を養い、自ら考え行動する子どもの育成」です。
私のモットーを大切にし、様々な教育活動を通じて、この教育目標の具現化を図って参ります。