ページの先頭です

ホーム千里みらいゆめ学園

学校長のご挨拶

 

 

 

 

千里みらい夢学園  
吹田市立竹見台中学校

ごあいさつ

「未知なる状況にも対応できる力」

 今年度、竹見台中学校では、4月8日(木)の入学式で新たに120名の新入生を迎え、全校生徒354名で新学期をスタートしました。

本校には、小中一貫教育校「千里みらい夢学園」としての学園教育目標と竹見台中学校としての学校教育目標があります。

学園教育目標は、
『学ぼう・つながろう・やりぬこう』で、小学1年生から中学3年生まで共通の目標となっています。
そして

・自ら学び、最後までやりぬくこと
・自分の気持ちや考えを表現できること
・ともに助け合い、自他ともに大切にできること
をめざし、授業、行事、部活動等、日々の教育活動を進めています。

竹見台中学校の学校教育目標は、
『たくましく生き抜く力の育成をめざす!』 
・自ら学び考える力の育成   ・豊かな心の育成   ・社会性の育成
となっております。

 いずれの目標も今年度全国の中学校で全面実施となっている新学習指導要領で求められている、育成すべき資質・能力の三つの柱である

・「実際の社会や生活で生きて働く 知識・技能」

・「未知の状況にも対応できる 思考力・判断力・表現力等の育成」

・「学びを人生や社会に生かそうとする 学びに向かう力・人間性の涵養」

につながっています。

 今、コロナ禍の中、働きたくても働けない、活動したくても活動できない、先が読めない状況に立たされています。このような未知なる状況の中、何事においても簡単にあきらめるのではなく、粘り強く前向きに取り組んでやりぬくことで、たくましく生き抜く力を身に付けてほしいと考えています。

 この学園教育目標・学校教育目標を常に意識して、全教職員ですべての教育活動に取り組んでまいります。

 より良い学校づくりを実現させたいと考えておりますので、保護者のみなさま、地域のみなさまには、本校の教育活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

学園教育目標

『学ぼう・つながろう・やりぬこう』

学園のめざす子ども像
・自ら学び、最後までやりぬく子ども
・自分の気持ちや考えを表現できる子ども
・ともに助け合い、自他ともに大切にできる子ども

学校教育目標

たくましく生き抜く力の育成をめざす!

  • 自ら学び考える力の育成
  • 豊かな心の育成
  • 社会性の育成
     印刷 - 学校長のご挨拶  戻る  ページの先頭