吹田市立西山田小学校は、昭和54年(1979年)に開校し、今年で創立40年目を迎えます。開校時は461名の児童でスタートし、ピーク時には1448名の児童が在籍しましたが、今年度は新1年生51名を含め、全校児童424名で、年々減少傾向にあります。

 本校は、吹田市の中央部の閑静な住宅地にあります。学校の南側は樹木に囲まれており、吹田市の天然記念物であるヒメボタルの飛び交う様子も見られる自然が豊かな地域です。毎年5月中旬から6月初旬頃には、他の地域からも多数の方が、ヒメボタルを見に来られます。

 昨年度より、コロナウィルス感染防止対策のために、マスク着用、手洗いの励行、換気を心がけています。また、様々な活動が制限され、今までと同じ活動ができなくなっています。その中で、工夫しながら、子どもたちの心身の成長のために何ができるのかを考えて学校教育を推進しております。行事そのものを見直し、中止としたものがたくさんありますが、感染予防をしながら、取り組んでいる行事もあります。また、行事の在り方を変更したり、新たな行事に取り組んだりしています。また、学校での行事が少なくなった分、今まで以上に学級活動の充実に取り組んでおります。

 本校では 「考える子・やさしい子・たくましい子」を学校教育目標とし、次の4点を学校経営の基本方針としています。                           

 1.主体的・対話的・深い学びと基礎基本の徹底。                           

 2.積極的に人とつながり、社会とつながる豊かな心の育成。                     

 3.体力運動能力を増進する。                                          

 4.安心・安全な学校を目指す。                                       

 GIGAスクール構想により、一人1台のタブレットが配布され、個別最適化した学習と、共同的な学習を推進していくことができるように今年度研究をしていきます。また、安心・安全な学校を作っていくために、吹田GR・ENプロジェクトでのいじめ予防授業に取り組んでいきます。                  

 西山田中学校ブロックの各校園(西山田中学校、山田第三小学校、山田第三幼稚園)とも連携しながら、幼小中一貫教育を推進していきます。また、コロナウィルス感染対策のために、難しさもありますが、地域の方々との連携も深めていきたいと考えています。本校では、児童のために多くのPTAや地域の方が、児童の登下校の見守りや、草花や作物のお世話・授業の支援等をしていただいています。今後とも、本校教育の充実のため、温かいご支援・ご協力をいただきますようお願いいたします。

 令和3年4月8日 

校長 鬼頭 孝雄