館長のページ

 

年頭のご挨拶

2021.1.14(木曜)

 

 新年あけましておめでとうございます。

 過ぐる年はコロナで揺れた1年でしたが、展望がほとんど開けないまま、新年を迎えてしまいました。ほんらい、新春講演会でご挨拶を申し上げることが恒例となっていましたが、今年はイベントの自粛要請でそれがかないませんでした。かわりに講演会とおなじテーマで録画を2本制作しました。「カレンダーに問う 日本の国際交流」の<歴史篇>(約42分)と<現代篇>(約24分)です。吹田市動画配信チャンネルならびに本HPバーチャル・ミュージアムのオンライン講座にアップされましたので、お時間のあるときにでもご視聴いただければ幸いです。



カレンダーに問う日本の国際交流<歴史篇>


カレンダーに問う日本の国際交流<現代篇>

バーチャル・ミュージアム|吹田市立博物館

 
 さて、当館では冬の特別企画「むかしのくらしと学校」の展示を一部リニューアルしました。1962年にまちびらきをした千里ニュータウンと、1970年の大阪万博を境に暮らしが大きく変わったことを、理解してもらえるよう工夫を重ねました。緊急事態宣言が大阪にも発出された関係で、2月8日(月)までは常設展示ともども休止となっています。市内の小学校三年生を受け入れる団体見学と、博物館が学校に足を運ぶ「出前授業」は、緊急事態宣言が解除されたら実施予定です。

 4月から5月にかけては新芦屋古墳の特別展示を企画しています。新芦屋古墳は常設展示の入口にある当館の目玉展示の一つですが、レプリカではなく実物資料をたくさんならべる予定です。また、茨木や高槻にかけての古墳との比較、あるいは棺を木室でおおう木室古墳の全国分布との関連など、謎めいた部分に光をあてようと準備をしています。

 最後に、新春講演会で恒例としてきた本年の暦情報もいくつかお届けいたします。

① 節分が2月3日でないのは4日だった1984年以来37年ぶりです。2月2日になるのは1897年以来124年ぶりです。翌日の2月3日の立春も同様です。

② 3月26日は多摩ニュータウン入居から50年です。ちなみに千里ニュータウンは来年2022年が入居60年です。

③ 5月1日は日本におけるマクドナルドの創業から50年にあたります。また9月18日は日清の「カップヌードル」発売から50年となります。

④ 5月26日の夜には皆既月食が全国で見られます。しかも、その最中に今年のスーパームーンが20時14分頃見ることができます。

 今年もまた新型コロナウイルスの影響をいろいろ受けそうですが、関係各位のご多幸を祈念するとともに、当館へのご支援とご鞭撻をお願い申し上げる次第です。

(2021.1.14)


 

上へ戻る