災害時の安全対策

台風(台風でなくても暴風警報発令時にも対応)

吹田市または吹田市を含む北大阪に「暴風警報」または「大雨特別警報」が発令されているとき

 午前7時現在 発令中  ・児童の登校を見合わせ、自宅にて待機します。
 午前9時現在 発令中  ・学校は臨時休業となります。
 午前9時までに 解除  ・授業がありますので、安全に気をつけて登校します。
   ※安全のため、できるだけ近所で誘い合って、複数で登校してください。
 午前7時以降及び
 登校中発令
 ・集団下校させるなど、児童の安全のために必要な措置を講じますので、気象情報にご注意ください。
(連絡が取れるようにお願いします)
 大雨警報、洪水警報 発令  ・原則として学校は休業せず、通常の授業を行います。

 ※台風に限らず、「暴風警報」または「大雨特別警報」にご注意ください。

地震

吹田市または吹田市を含む北大阪に《震度5弱》以上の地震が起きたとき

児童の登校前

 ・学校は臨時休業になります。

登校途中

 ・建物のそばなど危険な場所をさけ安全な場所に一時避難した後、安全に気を付けて登校します。

登校後(授業中など)

 ・先生の指示に従い運動場に避難します。
   ※保護者の方に迎えに来ていただいて児童は下校します。
    迎えに来られるまでは、原則として学校で待機することになります。

下校時

 ・危険な場所をさけ安全な場所に一時避難した後、安全に気をつけて家に帰ります。

《震度5弱》未満の地震

 ・原則として、臨時休業はしません。安全に気を付けて登校します。 

★大規模地震の場合、発生時期やいる場所によって臨機応変さが求められます。
 普段からご家庭でも「どこに避難するのか」「どこで待ち合わせをするのか」など、話し合っておいてください。
また、在校中の災害発生時は、できる限り早めのお迎えをお願いします。

★上記対応は、普段の学習中の対応ですが、夏休み中にも「暴風警報」または「大雨特別警報」が発令された場合、上記対応に準じて行います。
 無理な登校をされないようよろしくお願いいたします。
    
★非常災害時は学校に電話がつながらないことが予想されます。
 上記の要領で判断の上、学校への電話によるお問い合わせはお控えください。
 尚、震度5弱で吹田市に災害警戒本部、5強以上で災害対策本部が設置されます。
 

緊急時における児童の集団下校について

レベル

事例 

学校の対応 

保護者への連絡 

学童児童 

レベル1

・校区、近隣区において、不審者情報等があった場合 

学年別一斉下校 

・メール(返信不要)
・文書 

学童へ
→安全指導後通常通り下校
(指導員引率の下、集団下校の場合も) 

レベル2 

・校区、近隣区において、脅迫、事件、事故等があった場合 

全校一斉下校 

・メール、電話
 (返信要請)
・文書  

学童へ
→安全指導後通常通り下校
(指導員引率の下、集団下校)  

レベル3

・校区において凶悪な事件が発生した場合
暴風警報または
大雨特別警報の発令の場合 

全校校外班別一斉下校 

・メール、電話
 (返信要請)
・文書  

学童休室→迎えが困難な場合はその間児童は待機 

レベル4 

不審者が校内侵入した場合
震度5弱以上の地震が発生した場合 

児童は学校待機、保護者への確実な引き渡し 

 ・メール、電話
 (返信要請)
・文書  
※保護者の迎え必要

学童休室→迎えが困難な場合はその間児童は待機し、保護者への確実な引き渡し  

学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖時 

 

・メール、電話
 (返信要請)
・文書  
・給食後に下校 

学童休室→迎えが困難な場合はその間児童は待機  

  • 学年別一斉下校    … 学級指導の後、学年で時間をそろえて門を出ます。
  • 全校一斉下校     … 学級指導の後、学校で時間をそろえて門を出ます。
  • 全校校外班別一斉下校 … 地区班ごとに教室(場合によっては体育館等)に集合し、その後、担当教師の引率で下校します。
     
  • 学童は、レベル3以上の場合休室になります。
    保護者の迎えが困難な場合は12:15までは学校待機、12:15以降は学童待機になります。
  • 太陽の広場は、レベル1以上は閉鎖します。