山田第三幼稚園は、昭和54(1979)年に創立され、今年で40年目を迎え、今年度より認定こども園としてスタートしました。

吹田市中部に位置し、周辺には公園が点在して緑も多く、児童センター・図書館・体育館などの公共施設も充実しています。

山田第三小学校に併設されており、創立時より幼稚園と小学校が連携して教育を進めています。また近隣幼稚園・保育園とも、年間を通して交流を行っています。
そして、地域の皆様ともふれあう機会があり、温かく見守っていただいている、地域に根ざした幼稚園です。

認定こども園となり、3歳児・4歳児・5歳児が幼稚園教育を受けています。1号認定児2号認定児が共に生活を送っています。

幼稚園では、子供達一人ひとりの主体性を育てる保育の充実を図っています。“自分がしたい遊び”を選んで取り組む活動です。遊びの中には、大切な“学びの種”がいたるところにまかれています。草や花、虫等の生命とも触れ合いもあります。水・土を使った遊び、体を存分に動かす遊び、ルールのある遊び、造形遊び、歌ったり踊ったりする遊び、ごっこ遊び、自然観察など、様々な遊びの中から子供自らが選んで取り組みます。遊びながら子供達は、発見・驚き・気づき・創意工夫・試行錯誤などを繰り返し経験します。“学びの種”が“学びの芽”を出していきます。
時には友達とぶつることもあります。その反面、助け合ったり励まし合ったりもします。子供なりに折り合いをつけていこうとしたり、相手のことを考えたりしながら、自己表現し他者を受け入れていくコミュニケーション能力を培っています。多種多様な実体験を積み重ね、子供達は心身ともに育っていきます。

他にも、育児教室・園庭開放・街かど絵本館などもしています。ぜひ、幼稚園に遊びに来てください。お待ちしております。

園長 横山 明美