本園は、昭和50年(1975年)吹田市立吹田南小学校の校舎内に誕生し、45年間を過ごしました。令和2年4月1日より園舎を移転し、独立園舎として新たなスタートを切りました。

 新園舎のシンボルツリー(幼稚園の象徴の木)の桜の木はまだまだ幼木ですが、柔らかな花を咲かせ、子供たちを見守ってくれています。これから若葉が目を出し、勢いのある新緑、目に鮮やかな紅葉、そしてはかなげな落葉へと姿を変えていきながら、子供たちと一緒に大きくなっていくことでしょう。

 昨年度末から新型コロナウイルス感染症という目には見えないウイルスとの戦いが始まりました。通常の園生活を送れるようになるまではまだ時間がかかりそうですが、一番大切なのは子供の健康、安全を守ること。そして、自分の周りにいる大切な誰かを守ること。みんなで一緒に踏ん張りましょう。園生活が戻った時には、五感を使って「好奇心」をたくさん見つけながら遊びましょうね!!

 幼稚園は、平成28年度より「吹田市立認定こども園吹田南幼稚園」となり、3歳児保育、2号認定児の保育、子育て支援事業が始まりました。令和2年度は3歳児24名、4歳児27名、5歳児27名、計78名(4月1日現在)の子ども達でスタートします。

 これからも地域の諸機関との連携を図りながら、子ども達の育ちを中心に、「自分大好き」「遊び大好き」「友達大好き」「幼稚園大好き」と、子どもも保護者も笑顔あふれる幼稚園になるよう、職員一同がんばっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

園長 合田 嗣津香