1. 突発的な震度5弱以上の大規模地震(余震)が発生した場合

発生時期   対応 
  ①前日
    午前7時現在、引きつづき余震が発生している場合、吹田市のホームページを参考に、
                   翌日が臨時休業や自宅待機について確認する。また、学校からのメールで確認する。
       なお、電話等が不通の場合は、臨時休業となることもある。
②登校前 臨時休業
③登校途上危険な場所を避け、安全な場所に避難する。原則として、速やかに登校する。
④在校時 安全確認のうえ、集団下校。また、自宅へ帰ることができない生徒は、
                   学校待機とし、保護者と連絡が取れ次第、保護者による引き取りとする。
⑤下校途上危険な場所を避け、安全な場所に避難する。原則として、速やかに帰宅する。

2.震度5弱未満の地震(余震)の場合

 原則、臨時休業としないが、校区の被害状況から生徒の安全確保のため、その場合は、休業等、非常の措置をとることもあります。