教育目標

『互いに認め合い、主体的に活動する子どもの育成』
 

教育方針

  • 創意工夫をした教育活動を行い、確かな学力と未来を切り開く力を育成する。
  • 一人ひとりを大切にし、豊かな心と主体的に活動する力を育成する。
  • 保護者・地域と連携し、信頼される学校づくりを行う。
  • 地域の歴史・文化・人材等の活用等を図り、学習に対する関心・意欲を高める。
     

めざす子ども像

【や】  さしい子

【ま】  なびを高める子

【い】  のちを大切にする子

【ち】  がいがわかりあえる子

 

努力目標    

研究主題

 『自ら考え、生き生きと伝え合う子どもの育成』
 

       ①児童が自分の考えを出し、整理する力の育成
        (書いたり、話したり、図にしたりする活動を通して、まとめる力を育成する)


       ②児童が自分の考えを持つ力の育成

       ③児童が自信を持って伝える力の育成

 

   主題 『自ら考え、生き生きと伝え合う子どもの育成』

              
     副題 「児童が自分の考えを持つ力の育成」