吹田市立博物館トップページへ

特別展・イベント

令和2年度(2020年度)企画展   
「吹田の名品展 -西尾家・中西家旧蔵品-」   
会期/令和2年(2020年)7月18日(土曜)~8月23日(日曜)

休館日/7月20日(月曜)、27日(月曜)、8月3日(月曜)、8月11日(火曜)、8月17日(月曜)
   
開館時間/10時~17時
10:00~13:00 
妊娠されている方、基礎疾患のある方、乳幼児のいる保護者、
障がい者手帳をお持ちの方と介護者
14:00~17:00
制限なし

観覧料/
大人200 円・高大生100 円・小中生50円。
市内在住の65歳以上100 円。毎週土曜日は、市内の小中学生は無料(土曜日以外も「ぐるっとすいたカード」をもってくると無料)

展示主旨/
 吹田市は、平成28年度に西尾家より、平成29年度に中西家より、美術資料の寄贈を受けました。江戸時代、西尾家は吹田村仙洞御料の庄屋、中西家は吉志部東村の淀藩大庄屋を務めました。江戸から明治時代において、庄屋は学者や文人・画家などを招聘し支援するなど文化的な活動を行っていました。本企画展では、旧西尾家・旧中西家の美術作品を展示します。庄屋が身につけていた教養や文化的素養などを知っていただき、京-大坂の中継地として栄えた吹田で育まれた文化について振り返っていただく機会としたいと思います。

交通案内
●JR岸辺駅下車徒歩20分
●JR吹田北口から
千里中央ゆきバス4系統「紫金山公園前」下車徒歩5分
●JR吹田駅・阪急吹田駅から
千里中央ゆきバス4系統「紫金山公園前」下車徒歩5分
五月が丘南ゆきバス(循環)「五月が丘西」下車徒歩7分
桃山台駅前ゆきバス2、3系統「佐井寺北」下車徒歩10分
千里中央ゆきバス12系統「岸部」下車徒歩10分
●北大阪急行千里中央駅・阪急山田駅から
JR吹田ゆきバス4系統「紫金山公園前」下車徒歩5分
JR吹田ゆきバス12系統「岸部」下車徒歩10分
 

ダウンロードはコチラ

上へ戻る

ミニ展示   
新型コロナと生きる社会   
   ~私たちは何を託されたのか~   
会期/令和2年(2020年)7月18日(土曜)~8月23日(日曜)

休館日/7月20日(月曜)、27日(月曜)、8月3日(月曜)、8月11日(火曜)、8月17日(月曜)
   
開館時間/10時~17時
10:00~13:00 
妊娠されている方、基礎疾患のある方、乳幼児のいる保護者、
障がい者手帳をお持ちの方と介護者
14:00~17:00
制限なし 

観覧料/
大人200 円・高大生100 円・小中生50円。
市内在住の65歳以上100 円。毎週土曜日は、市内の小中学生は無料(土曜日以外も「ぐるっとすいたカード」をもってくると無料)

展示主旨/
 吹田市立博物館では、100年後の人々の情報源として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する地域資料の収集を本年3月中旬から開始しました。実は、約100年前に流行したスペインかぜに関連する吹田の地域資料は確認されていません。今は当たり前のものであったり、役割が終わったらごみ箱に捨てられる運命のものであったりしても、100年後には現在の新型コロナウイルス感染拡大の実態を知る情報源として貴重な歴史資料となります。
 今回のミニ展示では、ひとまずこれまでに収集できた資料を展示することで、次なる収集につなげたいと思います。それと同時に、今回のコロナ禍が日本に、そして吹田に、何をもたらしたのか、また私たちに何を託したのか、ご来館された皆さんお一人お一人が、過去数か月を振り返り、これからの日本のあり方を考えるきっかけとしていただければ幸いです。

 

ダウンロードはコチラ

上へ戻る

上へ