トップページへもどる
埋蔵文化財
特別展 bar1 催し物 bar1 常設展 bar1 施設紹介 bar1 刊行物 bar1 アクセス利用案内
bar2
市内の文化財 bar1 旧西尾家住宅 bar1 旧中西家住宅 bar1博物館からのお知らせ bar1 リンク集 bar1 お問い合わせ
bar2


きしべがようせき


H13号平窯(大阪府教育委員会提供) 造瓦工房跡
H1号平窯(大阪府教育委員会提供) 造瓦工房跡

吉志部瓦窯跡は、延暦(えんりゃく)13(794)年に桓武(かんむ)天皇が着手した平安京の造営当初の瓦を生産した瓦窯跡です。これまでの調査で丘陵の南斜面上段に登窯4基、下段に平窯9基の計13基の窯跡と平窯群の背後を走る排水溝が確認されました。窯跡は等間隔に計画的に配置されたものと考えられます。また、近年、瓦窯の南側で掘立柱建物跡、井戸跡、回転台跡、粘土採掘坑等の遺構が検出され、大規模な造瓦工房を伴ったことが判明しました。


関連資料「吉志部瓦窯跡出土軒瓦」