トップページへもどる
埋蔵文化財
特別展 bar1 催し物 bar1 常設展 bar1 施設紹介 bar1 刊行物 bar1 アクセス利用案内
bar2
市内の文化財 bar1 旧西尾家住宅 bar1 旧中西家住宅 bar1博物館からのお知らせ bar1 リンク集 bar1 お問い合わせ
bar2


七尾瓦窯跡
ななおがようせき


3号窯全景 窯詰めされた軒平瓦

聖武(しょうむ)天皇が神亀(じんき)3年(726)に造営を始めた、後期難波宮の造宮瓦窯です。窯は比高差 2〜2.5mの高台に位置し、これまでの調査で6基の登窯(のぼりがま)と1基の平窯(ひらがま)が確認されていま す。2号窯は地山くりぬき式の有階有段登窯です。
また3号窯は半地下式の登窯で、ドーム型天井の一部を含め、窯体が完全な形で見つかりました。窯体内には焼成前の軒平瓦(のきひらがわら)が、窯詰めした状態で残されていました。


関係資料「七尾瓦窯跡出土軒瓦」